A地帯

創作小説、ブロント語、その他雑記等。

アンジャスト・ナイツ2 各話一覧

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #プロローグ - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #1「Bloody Sam①」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #2「Bloody Sam②」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #3「Bloody Sam③」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #4「Tom and Jerry①」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #5「Tom and Jerry②」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #6「Czarine」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #7 「42nd street①」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #8 「42nd street②」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #9 「42nd street③」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #10 「Red Eye①」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #11 「Red Eye②」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #12 「Sex on the beach①」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #13 「Sex on the beach②」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #14 「Sex on the beach③」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #15 「Fallen Angel①」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #16 「Fallen Angel②」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #17 「Fallen Angel③」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #18 「Fallen Angel④ (Angostura bitters mix)」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #19 「Fallen Angel⑤」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #20 「Fallen Angel⑥」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #21 「Corpse Reviver No.2」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #22 「Spritzer①」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #23 「Spritzer②」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #24 「Spritzer③」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #25 「Spritzer④」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #26 「Spritzer⑤」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #27 「Affinity」 - A地帯

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #27 「Affinity」

「ありがとうございました」

 深々とお辞儀をするオリガ。目の前には、ナイツロードの面々が揃っている。

「お礼なんていいって、俺らも任務だったんだからな」

 腰に手をやり、自慢気に鼻を鳴らすアルドロ。

「そうだな。だがお前は俺に謝罪が必要だ。な?アルドロ」

 上機嫌のアルドロの隣から、エーカーがいかにも恨めしそうな声で言った。
 対するアルドロは、さも不思議そうな顔でエーカーに問う。

「は? なんで?」

「なんでじゃねー! お前のせいでコッチの作戦がメチャメチャになったんだよクルァ!」

「まぁ落ち着いて、エーカーさん」

 今にもアルドロをしばき倒さんとするエーカーを、デルタが制する。

続きを読む

アンジャスト・ナイツ2/Black Embrace #26 「Spritzer⑤」

「ユーリ」

 聞き覚えのある、少女の声。

 王宮でこの声を耳にするたび、ユーリは彼女に寵愛と憎悪の入り混じった心象を抱いた。

 何度となく耳にしたそれに、ゆっくりと目を覚ますと、そこにはオリガの顔があった。

続きを読む